フォト
無料ブログはココログ

じんさん

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月25日 (水)

やっぱ投入、その2

先週の、お宝?ピストンの投入の続きです

Img_20170119_091523_20170125191153

さっそくピストンをセット
廻りに2ストオイルを塗ってシリンダーを仮組み

Img_20170119_091533_20170125191143

まぁ、気分的なコトかもしれませんが
何回かキックして芯出ししてから数回に分けてシリンダーナットを
トルクレンチで締め込み

Img_20170119_091600_20170125191147

続いてヘットを準備、締め方は精度を上げたいので
一応スタットボルトのネジ山は確認済み、ナットは何個か新品に
交換しました
毎度の事ながらヘットには位置決めのノックピンが無いので
いくらか遊びがある分組付けに迷います

Img_20170119_094520_20170125191150

今回はストック品のヘットガスケットを投入
純正品ですが現行品とは出身地が違います
あとは雰囲気が違う??

Img_20170125_181732_20170125190612

あとはRCバルブ廻り、ホース類、先日塗装したチャンバーなどを
組付け

Img_20170125_181747_20170125190618

チャンバースプリングは折れる事もあるのでワイヤリングも
あらためて見るとチャンバーのフランジ廻りの加工精度や
アルマイト処理されている所など流石のメーカー品質だなぁと
アンダーカウルをざくざく切ってまで取り付ける価値が
あるってモンです。。。と、自分に言いきかせる(^^;)

Img_20170125_181804_20170125190615

Img_20170125_181829_20170125190621

こうなると3層ラジエターでもあると、もっとレーシーな感じに
なりそうですが、あったらあったで色々加工が必要になるし
ノーマルで事足りてるので、今年も性能の良いクーラントで
対応ですな
来週あたりエンジンかけれるかな?また続きます。



2017年1月18日 (水)

やっぱ投入

しびれる様な寒気も峠を越した様なので
NSR号の弄り方を進めます

まずチャンバー本体の塗装

Img_20170118_133036_20170118190402

以前塗った時に
ナンボか擦れて来た方がカッコいいべと
一般の耐熱塗料を少し薄めにしてたのですが
予想以上にサビが出て来てまいった教訓から
ちょっと奮発して専用塗料でガッツり塗る事にしました

Img_20170118_153304_20170118190654

軒下でプシューっとやって車庫で乾燥しばらく放置です

んで、先週からの続き

Img_20170118_102446_20170118190355

Img_20170118_102456_20170118190359

各シリンダー、ヘットを点検・清掃し準備
ピストンはRバンク側は問題ないものの

Img_20170118_102613_20170118190353

Img_20170118_102623_20170118190405

Fバンク側のピストンは昨年と同じ様に
トップリング上が円周上にデトネ痕
今回は修正せずに

Img_20170118_134931_20170118190348

この間入手した絶版品を投入する事にしました

Img_20170118_135107_20170118190644

Img_20170118_135214_20170118190710

いくら新品でも、こんな風にバリがあったりするので
よく注意せねばなりません
慎重に修正しました

Img_20170118_135830_20170118190641

ピストンピンクリップを用意、左側に最初に着けときます
昔、ミニバイクでこのクリップが外れてピストンとシリンダーの間に挟まって
焼きついて転んだ事があるので手で確実に装着します

Img_20170118_143602_20170118190657

ピストンリングは昨年交換したので再使用

Img_20170118_143555_20170118190647

ベースガスケットはデトネの出るFバンク側のみ
0.6ミリにして少し圧縮比を下げる事に

Img_20170118_143545_20170118190700

ここまで準備してタイムアウト
またまた、続きます。















2017年1月12日 (木)

ちょっと安心した?

Img_20170112_092259_20170112190443

今日は、この冬初めてまとまった積雪、当初チャンバーを外して
塗装しようかと考えていましたが、悪天候なので見送り

Img_20170112_092325_20170112190516

シリンダー廻りのチェックを兼ねてピストン交換に着手

Img_20170112_092314_20170112190503

NSRはチャンバーと水廻りを外してしまえばスグですが
あんまりにも寒いので電気ストーブで車庫内を温めてから
作業です

Img_20170112_105457_20170112190533

スポっとなw

Img_20170112_105510_20170112190546

一年ぶりでピストンとご対面!目立つキズもなくカーボンも
ほとんど付着なし、まぁメインジェットが210番で
かなり濃い目で走らせてますから焼けはこんなモンなんで
しょうが

Img_20170112_110956_20170112190618

シリンダーもキズなし、ヘットは?

Img_20170112_111012_20170112190637

去年、スキッシュエリアがデトネまくりだった
前シリンダーのヘット、う~ん大丈夫そうだ

Img_20170112_115324_20170112190734

とりあえず清掃

Img_20170112_115317_20170112190727

でも、厳密にはヘット面と燃焼室の境目のカドがプツプツと
なってましたが問題ないレベルと判断
対策として、ベースガスケットの厚みを変えて少し圧縮を下げると
いいらしいのですが、さて。。

とりあえず、また続きます。






2017年1月 6日 (金)

冬のバイク弄り、4

前回からの88号の外装のフィッティングの続きです
アンダーカウルのステー造りと、ラジエター周りのセンターカウルの
取り付けをいたしました
例によって?暇をみてはポツポツやってたので工程画像は無し
こんな感じです

Img_20170106_104045_20170106122915

例によって、ホムセンなんかでよく売っている3x30ミリの
アルミの棒?板?をマゲマゲしてやりましたぜぇ
しかも脱着が容易な様にクイックファスナー留めに

Img_20170106_104057_20170106122858

Img_20170106_121916_20170106122843


Img_20170106_102950_20170106122940

しっかり装着できました

センターカウルもラジエターが干渉するので
削っては合わせの繰り返しで、なんとか(汗)

Img_20170106_103004_20170106122929

Img_20170106_102933_20170106152631

Img_20170106_102914_20170106123040

Img_20170106_102844_20170106152612

これで外装は完成、カウルのフィッティングって大変なんですね
今年はエンジンの方はそのままで行こうと思ってましたが

Img_20170103_012419_20170103013131_

Img_20170103_012451_20170103013124_

なんと!絶版のブツを手に入れました、しかも新品です
去年ピストン外して確認したら少しデトネ跡がありました
MC28用をそのまま使うのは不安がありましたし
#800のペーバーで修正して使ってました
ただし、自分の車両は1、2番共にサイズの大きいAシリンダー
組合せ的には2サイズ小さいピストンになりますが
それだとナラシなしで使えるみたいなんで
これは換えるしかないかなっと、また次回続きます。






« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »