フォト
無料ブログはココログ

じんさん

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

溶接修理




Img_20171229_111838_20171229165633


今年も残り僅かですが、この年末は寒過ぎてなかなかバイク弄りとはいかず
またこの時期オヤジポイント?を稼いでおかないと来年のバイク活動に支障をきたす
恐れ?もあるんでw

でも時間をみつけて実行です
以前、VTR号にバックステップを取り付けた時に発見した不具合

Img_20171229_111910_20171229165639

Img_20171229_111902_20171229165626

左側のサイレンサーに繋がるステンレスエキパイのステーに亀裂がw(゚o゚)w
ステップホルダーに着いているラバーブッシュに締め付ける形ですが
経年劣化かな?まぁツインなんでしょうがない
外注でもっていけば秒殺で直してもらえそうですが
自分で直してみたいと思い

Img_20171229_115327_20171229165629

練習なしでイキナリ本番です
思えば半世紀以上まえにアーク溶接とガス溶接の講習を受けた気が
するんですがほぼ忘れました、まぁ点着けに毛が生えた程度なんで
大丈夫でしょう。。。で

Img_20171229_115337_20171229165620

100Vの家庭用溶接機はなかなかアークが飛ばないと言うのは学習済みですが
ちょっと?汚いですがまぁ十分です ちなみに溶接棒は2本ダメにしましたとさw

慣れたら、割れたNSRのチャンバーが2セットもあるので
直して売ってしまおうとも思ったんですが
この機械では絶対ムリだろうなぁ~と言うのが正直な感想。

Img_20171229_124850_20171229165623

まぁ、反対側も割れるかもしれないし
自分の幅を広げる意味でムダでは無かったと思い・・たい(笑)



2017年12月21日 (木)

このシーズンオフは

先週届いて仕上げたクラッチレバー&ホルダーを取り付け

Img_0161

解る人は解る?

Img_0164

さて、シーズンオフのNSR号の弄り方はこの位にして
ホントは欲しいパーツは一つあるのですが、めったに出ないし
やっと出たと思ったら値段が上がりすぎて手が出ないし
まぁ、それはそれとして

ひとつVTR号にちょっと問題が出まして

Img_0166

こんなのを購入しました
一万円以下で出てるアーク溶接機です
年末の休みに挑戦?です。





2017年12月14日 (木)

オリジナル

この冬のポチリものパートツーw

Img_20171214_141716_20171214165651

ホルダーのグリップ側が真っすぐになっている88’オリジナル品
MC18用で検索するとたいがい89’用なんだよね

Img_20171214_141746_20171214165658

このオフセットされたレバーが好みです

Img_20171214_164119_20171214165701

去年ホルダーごと壊してしまって、割と形が似ているMC16用を加工して使ってました

Img_20171214_141801_20171214165704

削れや曲がりは無いものの、塗装の浮きやサビ・汚れがあるので
Tomさんマジックwでリフレッシュ

Img_20171214_163957_20171214165648
Img_20171214_164007_20171214165710

耐熱塗装って熱入れてやらないとダメなんですよね
チャンバー塗装で学習しました

Img_20171214_164313_20171214202443

ホルダー違いでワイヤーの取り出し位置も変わるので
やっぱりオリジナルがしっくり来そうです






2017年12月 7日 (木)

お悩み解決?

Img_0155

VTR号を乗り始めた頃からどうもステップが以外に垂れ角があるハンドルと
タンクに対して前過ぎる感じで違和感があり、マルチステップでゴマかしてたんですが
コレはコレで外側に張り出してしまい踏ん張りが今一つだし、ペダルの操作も
しにくい

何年乗ってもウマく乗りこなせない原因はコレだっ・・って事にしてsweat01

Img_0153

ジャーンw
ついに買ってしまった コワースのレーシングステップ
まぁ、ポチりモノの中古品です
新品だとあまり聞いた事の無いメーカー品でもいい値段しますから
なかなか手が出ませんでしたが、まあまあの状態のをそれなりの価格で
入手できました

せっかくだから一度バラして清掃給油して組み直してから取り付け

Img_0157

Img_0158

Img_0159

取り付けはスイングアームのピボットシャフトを抜く必要があるので
少しメンドイのですが、車のパンタジャッキを2つ用意し1つはオイルパンの真下
もう一つをサイドカバー辺りに軽く支える程度で車体を水平に持ち上げれば
すんなり抜けます

寒くてちょっと試乗できませんでしたが、跨ってみると
まさに求めていた感じ
あとはヒールガードでも作ってみようかな?


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31